会津若松美容室

アクセスカウンタ

zoom RSS 会津若松美容室 【シンガポール】地場医療、日本人向けの事業展開へ

<<   作成日時 : 2011/06/22 16:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

地場医院が日本や日本人向けの事業展開を進めている。民間医療グループのヘルスウエー・メディカル・コープは今月、繁華街オーチャードに日本人を対象とした「ジャパニーズ・メディカルセンター」を開設。また民間病院2位のラッフルズ・メディカル・グループは日本で海外からの医療観光客を狙ったクリニック開設を計画している。

 ヘルスウエーの新診療所は、今月1日に商業施設トリプルワン・サマセットで正式開業した。日本人に特化した医療機関の開設は同社として初になる。同社の広報担当者は、NNAに対して「日本人駐在員や観光客のアクセスに便利なオーチャード地区に設けた。もともとトリプルワンには歯科診療所を運営しており、日本人の需要が高い歯科医療で存在感を発揮できる。このほか健康診断、内科、美容整形などの診療科を通じて、ヘルスウエーが高い経験と実績を持つ医療技術を提供する」と話す。当初は歯科医1人を含む医師3人と看護師など4人の合計7人の日本人スタッフが対応する。

 ■日本人市場に潜在性

 同医療グループは、シンガポール国内の日本人市場にはまだポテンシャルがいるとの認識を示している。同担当者は「シンガポールを訪問、駐在する日本人は安定しており、潜在性は今後も高い」と指摘。国内の同業態とのすみ分けも可能との見方を示している。

 国内3カ所に日本人クリニックを構えるラッフルズ・メディカルの広報担当者は「2003年1月に初のジャパニーズクリニックを開設して以来、現在もシンガポール国内で日本人を対象とした事業には拡大の可能性がある」と話す。

 ■日本で観光旅行者誘致

 このほかラッフルズは、大阪への進出を検討中。観光や商業目的で日本を目指す訪問客の取り込みを狙い、本格的な外国人向け医療クリニックを開設する計画とみられる。実現すれば同種の医療機関としては近畿圏で初となる。現在阪神電鉄の系列会社でビル管理の阪急阪神ビルマネジメントが運営する「ラグザ大阪」への入居を軸に交渉を進めているもようだ。ラッフルズの広報担当者は「現在進出の可能性について検討を続けている。具体的なことはまだ決まっていない」と語った。阪神電鉄も「昨年9月からラッフルズと交渉を続けている」と話し、詳細については明らかにしていない

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
会津若松美容室 【シンガポール】地場医療、日本人向けの事業展開へ 会津若松美容室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる