会津若松美容室

アクセスカウンタ

zoom RSS 会津若松美容室 ノンシリコンシャンプーはヘアケアの転換期!?

<<   作成日時 : 2011/07/18 14:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 髪の毛をサラサラに保護コーティングするシリコン。多くのシャンプーに有効成分として配合されているが、これをあえて排除した「ノンシリコンシャンプー」の人気が高まっている。シリコンはくし通りをなめらかにする一方で、頭皮や髪に残留しやすい特性を持つため、毛穴がつまる…などと敬遠する女性が手を伸ばしている。背景には、男性並みに深刻化する髪の悩みがありそうだ。(重松明子)

 日本橋のドラッグストア「トモズ」の話題商品コーナーに、9種類のノンシリコンシャンプーが並んでいた。メガブランドの一般的なシャンプーよりも高い千円台が中心だが、1週間で160本が売れる人気だ。

 「昨春から強化を始め、今では売り上げがヘアケア商品全体の2割を占めるまでに成長した。家族と共有するのではなく、自分専用を求める美容意識の高い女性が購入しています。男性はまだ『ノンシリコンって何?』という反応ですが」とトモズを展開する住商ドラッグストアーズ商品部の薬剤師、藤田智美マネジャー。

 女性も髪で悩んでいるのだ。長瀬産業が1月、20〜60代女性500人を対象にした調査によると、髪の悩みのベスト5に「抜け毛」がランクイン。40代を境に毛髪が「細い」「少ない」などの老化現象が表れ、ロングヘアが激減する(あきらめる?)傾向も表れた。

 「頭皮の衰えは髪質だけでなく顔のタルミにも影響すると恐れられ、肌同様のアンチエイジング志向が強まっている」と藤田さん。

 化粧品感覚となったシャンプー。小田急百貨店新宿店「メイクアップソリューション」では、約50種のシャンプーの半数がノンシリコンだ。客層は30代以上が中心だ。「シリコンでカラーやパーマがかかりにくくなった」「頭皮がかゆい」「髪にボリュームを」といった悩みを持つ女性が手にしている。

 この売り場で最も売れているのが、6月発売の「スカルプDボーテ」(3800円)で、1カ月で160本以上を販売した。お笑い芸人の体験CMで知られる人気の薬用育毛シャンプーの女性版だ。

 発売元のアンファーによると、「頭皮に被膜を作ったシリコンは毛穴をふさぎ、皮脂や汗の分泌と毛髪の成長を妨げ、育毛成分の浸透も妨げる」という。しかしその半面、「配合しなければ髪がざらついたり、きしみや浮き毛が目立ってしまう」とも。同社ではマイナス面を補うためセラミドポリマーやケラチン、シアバターなどの配合でカバーしているそうだ。

 他社のノンシリコンもそれぞれ独自の工夫が施されている。売り場担当者は「使用感や泡立ちがシリコン入りよりやや劣るものの、使い続けることで髪本来の輝きを取り戻す効果が望める。ナチュラル志向や、頭皮や髪に悩みを持つ人の間で、今後も需要が拡大するだろう」。

 前出の藤田さんも、「高価なイメージがあるなか、値ごろ感を打ち出した商品が続々登場してノンシリコンの間口を広げている」と指摘した。中でも、昨年10月発売の「レヴール」(945円)は、ドラッグストアを中心に、8カ月で360万本出荷という。「手頃な価格で継続使用いただいてこそ、良さが実感できる。それには量販が前提であり、目標通りの売れ行きです」とは、発売元のジャパンゲートウェイ。

 ネットでは、美しい髪を目指す「湯シャン」(お湯だけで洗髪する)実践者の口コミが多数アップされている。これぞ究極のナチュラル、ノンシリコンか。思えば日本人にシャンプーが定着したのは戦後ほんの数十年の話だ。今、ヘアケアは歴史的転換期を迎えているのか、先祖返りしているのか!?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
会津若松美容室 ノンシリコンシャンプーはヘアケアの転換期!? 会津若松美容室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる