会津若松美容室

アクセスカウンタ

zoom RSS 会津若松美容室 女性の「美への情熱」は……<調査>美容整形、どのくらい受けてる?

<<   作成日時 : 2011/07/19 10:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「キレイになりたい」は女性なら誰しもが思うこと。そのためにいろいろなケアをしているわけだが、実際には何をしているのだろうか。生活者の意識・実態に関する調査を行うトレンド総研と共同調査を行い、「美容の実態」を探った。
調査対象:20〜49歳の女性(有職者・全国)539人。20代・126人、30代・332人、40代・81人/調査期間:2011年6月7日/調査方法:インターネットによる調査/調査実施機関:トレンド総研

 まず、美容・容姿に関する悩みを聞いた。

 「シミ」「たるみ」「シワ」が3大悩み。どの項目も年代が上がるほど悩む人が増える。「シミ」を見ると、20代が44%なのが、30代になると62%に跳ね上がる。40代は69%。「シワ」は、20代・24%、30代・36%、40代・48%と年齢に比例して悩む人が増え、「たるみ」も、20代・26%、30代・44%、40代・51%と同様だ。一方で、「顔が大きい」(20代・29%、30代・20%、40代・21%)、「目が小さいなど、目に関すること」(20代・30%、30代・19%、40代・12%)といった造作に関することは、若い世代の方が悩みという人が多い。

 では、エステやフェイシャルに行く人はどのくらいいるのだろうか。

 約半数の人は、「エステやマッサージに行っている」と答えている。一方で、フェイシャルに行く人は多くはなく、「定期的に」「たまに」をあわせても23%。顔のお手入れはセルフケアが多いようだ。

 「エステやマッサージ」は年代による差があまりなかったが、「フェイシャル」は年代が上がるほど行く人が多かった(「定期的に通っている」「たまに行く」を合わせて、20代・17%、30代・22%、40代・40%)

 最近は様々な美顔器も発売されているが、肌のお手入れに何を使っているのだろうか。

 イオンスチーマーは4分の1以上の人が使っているという結果に。これは予想以上に高かった。年代別は、20代が最も多い(20代・30%、30代・27%、40代・21%)。また、6割の人が何らかの器具を使っているというのも、意外に多い印象だ。年代による差ほとんどない。

 セルフではなくプロの施術を受けたことのある人はどのくらいいるのだろう。

 さすがに、美容整形は少ないが、脱毛は半数近くの人が経験。今後受けたいものとしては、歯のホワイトニング挙げた人が半数近くと、が圧倒的に多かった。

 年代別では、ピーリング(20代・23%、30代・20%、40代・12%)、脱毛(20代・40%、30代・51%、40代・27%)は、若い世代の方が経験者が多いという結果だった。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
会津若松美容室 女性の「美への情熱」は……<調査>美容整形、どのくらい受けてる? 会津若松美容室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる