会津若松美容室

アクセスカウンタ

zoom RSS 会津若松美容室 髪型もスーパークールビズ! この夏、女子ウケするのは左右非対称ヘア

<<   作成日時 : 2011/07/23 11:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

まず男性がヘアサロンに行く際「理容室」か「美容室」かという選択がある。実際どちらを利用するのか調べたところ、20代は美容室派が多いが、30代以降では圧倒的に理容室派が多いことが判明した。また1年のうちヘアサロンを訪れる回数が多いのは理容室派の人で6.7回。この数字は美容室派を大きく上回っている。なぜ回数に差が出るのか? まず予算を比較すると、同じ男性でも理容室が2689円、美容室が4670円と額にかなりの差が出た。やはりリーズナブルな理容室だと、マメに通ってもお財布にやさしいのだろう。

 さらに見逃せないのは「ヘアサロンでの会話」。「ヘアサロンでの会話を求めていない」という人が理容室派は37.1%だが、美容室派は25.4%。「プライベートなことは聞いてほしくない」人は理容室派は40.0%だが美容室派は27.3%だった。つまりスタッフと会話を楽しみたい人は美容室に通うが、そうではない人は手早く散髪できる理容室を選ぶ傾向があるのかもしれない。男性に「髪型変えた?」は禁句。

 ところでヘアサロンに行ったらみんなどんな髪型をオーダーするのか? 50.2%の男性が「髪型を変えたことがない」と回答。結局みんな「いつもの髪型」に収まっているのである。さらに髪型を変えたとしても「どちらかというと気付かれなくてもいい」「全然気付かれなくてもいい」男性は合計で72.9%! 一方女性は「とても気付いてほしい」「どちらかというと気付いてほしい」人が58.4%と、男性と女性では髪型を変える意識が真逆なのだ。

 なぜ男性は髪型を変えることに保守的なのか? その心理を男性専門の美容室「HOMME HAIR」に伺った。「男性は女性に比べて自分の好みに対するこだわりが強く当店も7割のお客様は固定のスタイルです。でも本当に似合うスタイルは髪質や骨格などでも変わってくるので、自分で追求するのは案外難しいと思います。一度はプロのスタイリストに相談をしてもらうといいですね」(ディレクター・畠中和則氏)

 ところでプロの美容師たちは今年どんな髪型に注目しているのか? 「2011年プロが注目する有名人のヘアスタイル」によると一番人気は俳優の成宮寛貴さんだった。成宮さんのヘアスタイルは左右非対称の「アシンメトリー」が特徴。イメージほど奇抜なスタイルではないので、ビジネスシーンでも十分対応できそう。ぜひこの夏取り入れて、さりげないイケメンを目指してほしい。

取材・文/高山 恵、坂本 仁(リーゼント)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
会津若松美容室 髪型もスーパークールビズ! この夏、女子ウケするのは左右非対称ヘア 会津若松美容室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる