会津若松美容室

アクセスカウンタ

zoom RSS 会津若松美容室 岡本夏生 月々数百万円だったカードの支払いが数万円に激減

<<   作成日時 : 2011/08/01 09:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年、再ブレイクを果たした岡本夏生(45)。“ハイレグの女王”として芸能界に登場し、バブルを謳歌した20代。そして、メディアから“干され”、芸能界の表舞台から姿を消した“失われた10年”について語ってくれた。

 * * *
 自ら「潜伏期間」と呼ぶ再ブレイクまでの10年間。世間の価値観からすればまさに“干された”岡本。しかし彼女は、「それでよかったのよ」といって笑う。

「変な話、雑巾だって毎日使えば擦れる。暇になったおかげでたっぷり寝られるようになったし、お風呂にゆっくりはいれるからお肌が回復したわ。外食をやめて自炊するようになったから、健康そのものだし、体形も維持できたのよ」

 マンションを購入し、ローンを繰り上げ返済していたことも大きかった。

「貯金はあったんで、34才のときに憧れの渋谷区に億ションを購入したの。ある日、利息の恐ろしさに気づいて、貯金のあるうちに払っちゃおうと37才で繰り上げ完済。それでギリギリ間に合った。いま思えば仕事も激減したことだし、あと3年遅かったら、ローンの支払いができなかったわ」

 いわば「絶妙のタイミング」で暇になったのだ。そしてローン返済を機に、お金に対する考え方が180度変わったという。

「バブル時代は“お買い物中毒”って感じで、高い時計だっていいなと思ったら2個でも3個でも買いまくってた。でも、私は極端な性格だから、いきなりキュッと蛇口を閉めたわけ。あ、ブランド品買うのやめよ、海外旅行やめよ、ゴルフやめよ、ってパッパッパッて蛇口閉めていったの。

 そうしたら逆に、節約に生きがいを感じ始めたわけよ。どれだけ切りつめられるかって。例えば電気代だって、マンションが広いから4人暮らしくらいのアンペア数だったのを、ひとり暮らし用に落とせば毎月の基本料が変わるじゃない。車の保険を見直すとか、年会費払ってるのに使っていないカードを解約しようとか。それまで当たり前だと思ったものを、当たり前と思わなくなった。“世の中に当たり前なんて何ひとつないんだ”ってことに気がついたの」

 20代のころに山のように買ったまま使っていなかったバッグや洋服が年をとってようやく身の丈に合ってきたので、必要なものや欲しいものは何もなかった。新たに買うものといえばトイレットペーパーや洗剤、生理用品などの日用品だけ。カットに1回1万5000円かけていた美容院代も、1年に1回2000円ですますようになった。

「化粧品だって、高いメーカーのものなら一式十数万円のものもある。でも、私は1000円くらいの馬油だけで充分。ヨガも以前はスポーツジムに通っていたけど、自宅でするようになったから、思い立ったら1分で始められるわよ」

 気づけば、月々数百万円だったカードの支払いが、月数万円くらいに減っていた。生活費はマンションの管理費も含めてかなりの節約に成功したという。

※女性セブン2011年8月4日号

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
会津若松美容室 岡本夏生 月々数百万円だったカードの支払いが数万円に激減 会津若松美容室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる