会津若松美容室

アクセスカウンタ

zoom RSS 会津若松美容室 この飲み物はポリフェノールの宝庫だった

<<   作成日時 : 2011/09/18 14:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Q 植物が自分を守るために作り出す色素や苦み成分ポリフェノール。これをとると、美しい肌や健康の維持に役立つことがわかってきました。さて、では私たち日本人はどんな飲み物からポリフェノールを最も多くとっているでしょう?

(1)緑茶 (2)コーヒー (3)紅茶 (4)野菜ジュース


答えは次ページ


A (2)のコーヒー。2009年にお茶の水女子大学教授の近藤和雄さんが発表しました。


 自分がいる場所から動いて紫外線や虫といった外敵から逃れられないのが植物。かれらが自分の身を守るために作り出すのがポリフェノール。肌のシミやシワ、がんなどの原因となる活性酸素を消去する代表的な抗酸化成分で、野菜や果物に豊富に含まれることが知られています。活性酸素は、紫外線やストレスなどによって体内で発生するので、その害を打ち消し、美と健康を守るためには、ポリフェノールやビタミン類などの抗酸化成分をしっかりとっておくことが大切です。

ポリフェノール摂取にコーヒーと緑茶が大きく貢献

 確かに野菜や果物は大きな抗酸化物質の摂取源ですが、それでは、緑茶やコーヒー、紅茶など1日に何度も口にする飲み物からどのくらいポリフェノールをとっているかご存知ですか? こんな疑問に答えたのが、お茶の水女子大学教授の近藤和雄さんらの研究グループ。

 近藤さんらは、2004年、東京と大阪で10〜59歳の男女8768名を対象に、1週間のポリフェノールの摂取量を飲料別に調査しました(アルコール飲料は除く)。その結果、1日当たり平均853mgのポリフェノールを飲み物から摂取しており、そのうち50%をコーヒー、34%を緑茶が占めていることがわかりました(他の飲料は10%以下)。この分析結果は2009年に発表されましたが、研究グループは「日本人の日常的な食生活におけるポリフェノールの摂取量は、コーヒーと緑茶が大きく貢献している」と結論付けています(J Agric Food Chem.57(4):1253-9,2009)。

 また、飲み物が持つ抗酸化力は、その中に含まれるポリフェノール量と相関することも確認しています。100ml当たりのポリフェノール含有量はコーヒーが200mgと最も多く、緑茶115mg、紅茶96mg、トマト/野菜ジュース69mg、ココア62mgと続くことからも、“抗酸化飲料”としてのコーヒーの存在感が光ります。


 ちなみに、全日本コーヒー協会の調査によると、日本人の1週間当たりのコーヒー飲用量は、10.93杯(2010年)。1杯140mlとすると、コーヒーから1週間で3060mg、1日当たり437mgのポリフェノールをとっている計算になります。

 「ポリフェノールがたくさんとれるなら、これからはコーヒーをもっと飲もうかな」と思った方。砂糖をたっぷり入れて甘くしたり、コーヒーフレッシュ(心臓病のリスクを高めるとしてWHOも摂取規制を設けている「トランス脂肪酸」が含まれる)を多く入れすぎると、逆に健康や美容を損なう可能性もあるので、飲み方には注意してくださいね。

※出題・解説=健康美容情報認定カリキュラム編集委員会(日経ヘルス/日経ヘルス プルミエ)日経ヘルス/日経ヘルス プルミエは、健康美容情報認定の研修プログラムとして「健康美容コミュニケーターコース」を主催しています。これは、日常生活において健康と美容の情報を正しく理解して行動できるスペシャリストを養成するものです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
会津若松美容室 この飲み物はポリフェノールの宝庫だった 会津若松美容室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる