会津若松美容室 中国で美容整形が人気、「就職に有利」と学生も利用

経済成長の続く中国で、「富」の象徴として若い女性の間で美容整形が人気を集め、特に夏季には美容クリニックを訪れる学生が増えるという。就職や結婚に有利との見方もあり人気が衰える兆しはないが、手術をめぐるトラブルも増えているようだ。

 中国の保健当局によると、2010年の美容整形手術の件数は300万件を超えた。患者の若年化も進んでおり、中国医療整形美容協会の調査では、昨夏に北京で美容整形手術を受けた人の8割が学生だった。北京のある美容整形医は、「就職や結婚が容易になるとして、娘に美しくなってほしいと願う両親がいる」と話し、「大学や高校入学前の夏に娘を連れてくる親もいる」と明かした。

 国際美容形成外科学会(ISAPS)による09年の調査によると、美容整形手術の件数は、中国は米国に次いで2位。米国では豊胸や脂肪吸引手術が主流なのに対し、中国では目や鼻の整形が多いという。

 一方、手術件数の増加に伴って、手術をめぐるトラブルも増えている。美容整形の人気を受けて、無登録の美容整形医によるクリニックが乱立し、このうち一部は安全性に問題があるとされている。昨年11月にはテレビのオーディション番組「スーパーガール」の出場者があごの整形手術中に死亡している。

 北京の美容整形クリニックにいたある若い女性は、医師が女性の目のきわの皮膚を多く取りすぎたため、不安そうな顔つきなってしまったと不満をもらす。別の女性は、大金をはたいて目を大きくする手術を受けたにも関わらず、術後の顔に変化はなく、結果に満足していないという。

 美容整形手術をめぐる訴訟の件数は年間2万件に達している。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック